―韓国の伝統芸術を見てきました―

予約もせずに劇場へ行き、運良くチケットを買うことが出来ました。
お客さんは、外国人ばかりでした。でも、言葉はもちろん韓国語。



劇場は真っ暗でした。「チョゴリ」を始めてみました。
美人ばかりだったけど、制限があるんでしょうか。綺麗だった。






音楽に乗って、踊っていました。だんだん引き込まれていきます。
写真を撮りたくて撮りたくて、でも・・・という気持ちがあり、遠慮しながら撮ってました。




今度は、男性5人。マイクなしの演奏は力強く、迫力がありました。
楽しそうに演奏をしているのがとってもあこがれました。私もやってみたい。




7人の女。かっこいいー!人が立ってて、太鼓が正面に1個、左右にもあるんです。
一人3個の太鼓を、軽快なリズムで叩きます。これも力強く迫力がありました。




この姿はテレビなどで見たことある人もいるでしょう。頭にリボンがついてて、くるくる回してます。
ずっと回してます。手持ち太鼓を叩きながら、回してます。首が痛そうなんですけど・・。




それぞれ役割のような舞いがあってすごかった。
五人の息もぴったりでした。これは男性だけ。





 なんと!なんと!舞台から降りてきたチマリョゴリの人たちが、お客を連れて外へきてしまいました。
演奏が鳴り響く中、皆さん輪になって、踊っています。楽しそうでしょう。外はちょっと雨が降っていました。




ホールへ戻る美人をつかまえて、写真を撮らせてもらいました。
「えー私一人で〜」と、てれてましたよ。綺麗ですよね。あのー、おいくつですか?聞けなかった。



HOME